習うより慣れろ

FPS全般の攻略法小さな積み重ねが大事です。色々な経験が重要なのでとにかく行動しましょう。
考えて行動するまずは倒されたら「何故倒されたのか?」を考えましょう。 「SRに狙撃された」「ラッシュ(開始即行動)では敵のグレネードを掻い潜れなかった」など、 撃ち合いにまで持っていけずにやられた場合はその理由を考えます。 何度かやられたからといって自陣で待っているよりやられることを恐れずに色々試してみましょう。 闇雲に突撃ばかりして同じやられ方をするのは良くありませんが、 「100回倒されて覚える」ぐらいの気持ちでどんどん倒されるのが1番の攻略法と言われています。戦績にこだわらない少し慣れてくるとK/Dや勝率にこだわりがちですが、あまり気にしない方が上達は早いかもしれません。 サドンアタックの基本が出来ていない内に戦績にこだわりを持ってしまうと・勝率を上げたいがために有利なチームを選ぶ。
・できるだけ前線にいかず味方の後ろや一定箇所に留まる。
事になりがちになり視野が狭くなってしまうのでオススメしません。 MAPによる有利不利がはっきりしているサドンアタックの場合、 戦績を上げるだけで良いなら上記の方法も一つの攻略法かもわかりませんが、 FPSというジャンル自体の上達を目指すのなら初めから戦績にこだわる必要はありません。
まとめ撃ち合いの上手さばかりでなく、立ち回りも重要なFPSというジャンルは初心者が思う以上に奥が深いです。 恐れずに行動さえしていれば常に新しい発見があるのも大きな特徴です。倒された後でも「やられた理由を考える・味方のプレイを見る」など、待ち時間を利用することでも上達は見込めます。 やられた理由を考えて次に備えていく人と、その場の勝ち負けにこだわって消極的になる人、同じプレイ時間でもかなりの差が出てくるはずです。

 

リアルタイムで観戦または動画を観る
他人のプレイを見る、ということを軽視してはいけません。自身でプレイするのと同じぐらい、得るものはあります。
自分でプレイしているときは操作で忙しくじっくり考えるということが難しいのですが、観戦ならば客観的に立ち回りなどを考えることが出来ます。
敵はきっとこう考えている、自分ならここでこうする、この人はどういう意図で動いているのか、勝った・負けた要因は何か…などなど。
うまい!と思った部分は盗み、正直悪手だ、と思った部分は反面教師として自分のプレイと照らし合わせます。
色々と頭の中で考えてみるといいでしょう。だんだん立ち回りが磨かれてくることと思います。
位置取り、照準の運び方、投げ物の使い方などを注意してみると参考になるかもしれません。